まぶた、二重まぶた治療法(二重手術)についてまぶた、二重まぶた治療法(二重手術)について

一重と二重のまぶた一重と二重のまぶた

日本人は、一般的にまぶたの皮膚が厚く皮下脂肪が発達しています。そのため、二重のラインがつきにくく、一重まぶたや奥二重まぶたの比率が多いと言われています。
二重まぶたは、一重まぶたよりも目が大きく見えやすいといった理由で、「二重になりたい」と願う人も多く、二重手術や二重まぶた用化粧品を使用する人も少なくはないようです。

まぶたの仕組みまぶたの仕組み

二重まぶたの手術は印象が大きく変わるものだけに、心配の声も聞きます。手術を受ける前に、まずはまぶたの仕組みについて知っておきましょう。

目を開くためには、上まぶたの縁にある瞼板(けんばん)の上にある上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉の収縮によって行われます。

一重まぶたの場合、まぶたが厚いことがあって、目を開けるときに上眼瞼挙筋の力がまぶたの皮膚に伝わらないため、皮膚が折れ曲がりません。さらに、上まぶたに二重になるためのヒダがないだけでなく、目頭の部分が皮膚のヒダ(蒙古ヒダ)に覆われているため、目を開いたときの目の大きさが本来よりも小さく見えてしまいがちです。

一方、二重まぶたは、上眼瞼挙筋の力がまぶたの皮膚に伝わる繊維があるため、皮膚にまぶたを開ける力が先に働き、皮膚が折れ曲がり、二重のラインが入ります。

二重まぶたの種類二重まぶたの種類

二重まぶたには、2種類あります。

  • 1.平行型

    1.平行型

    目の輪郭と二重のラインが平行している形のまぶた。目がパッチリと大きく見え、より華やかな印象をあたえるようです。欧米人に多いまぶたで、世界的にはこの平行型が多いと言われています。

  • 2.末広型

    2.末広型

    目頭から眼尻にかけて二重のラインが広くなっていく形のまぶた。すっきりとした印象を与えます。日本人に多いまぶたで、目頭に蒙古ヒダがあると末広型になる場合が多いようです。

奥二重まぶたについて奥二重まぶたについて

二重の部分がまぶたの奥に隠れている状態のまぶた。自分は一重だと思っている人の中には、実は極細の奥二重という場合もあります。

二重まぶたの治療法二重まぶたの治療法

一重まぶたを二重まぶたにするには、上まぶたのふち(上眼瞼縁(じょうがんけんえん))から6~10mmのところに、重瞼溝(じゅうけんこう)という二重のもとになる溝を作らなければなりません。この溝を作ることによって皮膚が折り重なって二重になります。
瞼の皮膚は睫毛の上から眉毛に向かって薄い皮膚から次第に厚くなっていきます。薄い皮膚のところで重瞼溝を作るほうが折れ曲がりが自然になります。

二重まぶたの治療は、個々のまぶたの形や仕上がりイメージの好みなど、その都度カスタマイズして行う必要があります。ここでは、代表的な二重まぶた治療法をご紹介します。

  • 埋没法埋没法

    体内に吸収されない医療用の非常に細い糸を使用して、二重のラインを作りたい位置に沿って2~3カ所切開創を作り、皮膚の裏側と瞼板を縫いつける方法。
    皮膚を切らずに行うことができ、最小限の麻酔薬を使用するため術後の腫れも少なく、また、手術時間も短く価格も安いという理由から人気の治療法です。
    ただし、まぶたの厚い人は二重のラインが消えてしまったり、上まぶたの皮膚があまってしまう人は希望する二重の幅が確保しにくい、といった問題もあります。また、糸がまぶたの中に残るためゴロゴロすることもあります。
    糸で留めているだけなので、手術後1ヶ月以内であれば糸を見つけることが容易なため、糸を取り癒着が生じないようにすることで、元に戻すことは可能です。しかし、時間が経つと糸を見つけることが難しくなり、たとえ見つけることができたとしても挙筋と皮膚の間の癒着が残ると元に戻りません。場合によっては、中途半端なひきつれ等が残る可能性があります。

  • 部分切開法部分切開法

    希望する二重のラインに沿って3~5mm程度切開し、そこから上眼瞼挙筋の一部と皮膚とを医療用の糸で縫い合わせ、後日抜糸する方法。切開創からある程度の脂肪を取りだすこともできます。移行帯の中に重瞼溝を作ったときの二重の幅が希望通りでない場合や、平行型のように目頭側に二重の幅が欲しい、広くしたい、という場合に適しています。ただし、埋没法と同様に上まぶたの皮膚があまってしまう人には適していません。

  • 切開法切開法

    まぶたを切開し、余分な脂肪を切除することで、理想的な形の二重まぶたをつくることができる方法。二重まぶたを半永久的に維持することができ、まぶたに厚みのある人や上まぶたの皮膚があまってしまう人、埋没法では一重に戻ってしまう人、目頭から二重のラインをいれたい場合に適しています。切開といっても二重のラインに沿って縫合を行なうため、傷跡もだんだん目立たなくなっていきます。

目もとのコンプレックスを解消し、理想の目もとにするためにも、自分が希望する二重のライン、まぶたの形などをしっかり医師に伝え、どの治療法が適しているのか、ダウンタイムやデメリットについても聞いて、よく話し合っておくことが大切です。

教えて!美容医療では、美容医療の基礎知識や美容クリニックの選び方、医薬品のことまで美容医療の総合的な情報を提供しています。

ページTOPへ

© Allergan, Inc. All Rights Reserved.